パニック障害(パニックディスオーダー)の原因や症状などについて知ってもらうためのホームページです。

パニック障害(パニックディスオーダー)の症状

パニック障害は、突然起こる“パニック発作”により始まります。
“パニック発作”の代表的な症状は以下の通りです。

・動悸(心臓がドキドキする)
・発汗
・身体や手足の震え
・呼吸困難
・息が詰まる
・めまい
・非現実感
・恐怖感

これらの症状が10分ほどで、そのピークに達し、その後30分〜1時間ほど続きます。

こうして“パニック発作”を経験することで、「また発作が起きたらどうしよう」という強い不安感を抱くようになります。この強い不安感を“予期不安”といいます。
この予期不安がパニック発作を誘発することもあります。

そして、パニック発作が起こった場所や環境に強い不安感を抱いて避けるようになってしまいます。
これを“広場恐怖(アゴラフォビア)”といいます。広場恐怖の対象となる場所や環境は、人それぞれです。人ごみ,電車,バス,車,エレベーター,映画館,美容院など、人が大勢いる場所や逆に一人きりになってしまう場所、簡単にその場から逃げ出すことができない環境などが多いようです。

ただ、この広場恐怖に関しては、パニック発作・予期不安のようにかならず起こるわけではなく、症状が現れないケースもあります。


パニック障害(パニックディスオーダー)になりやすい人